映像編集者のヒトリゴト

After Effectsというソフトについて

LINEで送る
Pocket

先日、「Premiere Proについて」という記事を書きましたが、今度はAfter Effectsについてちょっとだけ書いてみようと思います。After Effectsも同じくAdobeからリリースされている映像編集に使うソフトで、Premiere Proと兄弟のように扱われています。After Effectsはよく略されてAE(エーイー)と呼ばれたりしていますが、Pemiere Proは略されることなくプレミアプロとフルネームで呼んでいる人が多い気がします。

 

個人的な感想ですが、After EffectsはPremiere Proよりも複雑で難しい印象があります。そのせいか、Premiere Proを使い始めた同時期にAfter Effectsも使い出したのですが、しばらくはよくわからずに放置していた記憶がありますw当時のパッケージデザインは何故か「電波塔」でした。

 

 

After Effectsは元々はアメリカのthe Company of Science and Art社という会社のソフトウェアでしたが、1993年にアルダス社に買収されます。その後、アルダス社がAdobeに買収されて、現在のAfter Effectsの立ち位置に落ち着くのでした。けっこうタライ回しにされてますw元々の開発元がAdobeではないから操作感がPremiere Proと異なるのかな?と思ったりしてました。今は特に気にならなくなりましたが。

 

Premiere ProとAfter Effectsのざっくりとした違いは、先日の記事に書きましたので、そちらを参考にして下さい。ただ、あくまで私のイメージですので、他にもこういう違いがあるよ!というご意見あれば、ぜひコメントお待ちしています。

 

映像編集の初心者の方から「趣味で撮影した映像に音楽を入れたり、テロップを入れたりして動画を作りたいのですが、After Effectsってソフトでやればいいですか?」という質問を頂くことがよくあります。私のいつもの返答は「After Effetcsでも可能ですが、Premiere Proの方が作りやすいですよ!」と答えています。この返答が正解かどうかは置いておいて。下の画像がPremiere Proの編集画面です。

Premiere Proの編集画面

 

逆に「撮影した映像にキラキラした星を出したり、文字を立体的に動かしたりしたいのですが、Premiere Proってソフトでやればいいですか?」というような質問もたまにきます。私のいつもの返答は「Premiere Proでもできない事はないですが、After Effectsの方がオススメですよ!」と答えています。この返答が正解かどうかは置いておいて(汗)下の画像がAfter Effectsの編集画面です。

After Effectsの編集画面

 

画像を見比べるとわかると思いますが、本当に似たような感じのソフトです。ただ、似て非なるものとでもいいましょうか、使えば両者の違いが肌で感じて理解できると思いますので、興味ある方はどちらも使ってみて下さい。百聞は一見にしかずです(笑)PhotoshopとIllustratorぐらいの差があるような、ないような。。

 

After Effects FIRST LEVEL ゼロからはじめる映像制作基礎テクニック[本/雑誌] / 佐藤智幸/著

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です