映像編集者のヒトリゴト

Adobe Creative Cloud のメリット

LINEで送る
Pocket

Adobeのソフトは以前から業務用ソフトのスタンダードとして、一般ユーザーが気軽に買えない値段で販売されていました。有名なPhotoshopやイラストレーターは10万円もしていた時代がありました。私も当時からPremiere ProAfter Effectsを使いたくて、15万円以上出して購入した覚えがあります。

 

 

当時はパッケージ販売が主流でしたので、インストール用のDVDディスクが分厚い取説と一緒に箱に入って売られていました。付属の取説は読む気が失せるほど分厚く、読みづらく、実際に活用している人はあまりいなかったと思います。本屋でわかりやすく丁寧に解説された参考書がたくさん売っているので、そちらを読む方が勉強になりました。

 

10万円以上もするソフトだから簡単に買えない、でも使いたい。そうなると出てくるのが「違法コピー」です。当時はAdobe系のインストールDVDディスクを違法で複製して、使うのが流行っているようでした。(シリアルナンバーなどはクラッキングと呼ばれる手法で量産されていました

 

学生時代、私も知り合いが持っていたAdobe「Acrobat」の不法ディスクを持っていたので、一度借りて使ったことがありました(汗)普通に使えたのですが、その時に「違法ディスクを使っているPCをネットにつなぐと、IPアドレスを逆探知されて通報される」と言う都市伝説が流れ、すぐ使うのをやめましたw

 

そんなAdobeのソフトですが、現在はCreative Cloud(通称CC)でパッケージ版が廃止されました。値段もPhotoshopなどは月額980円とか、とてもリーズナブルになりました。ネットからダウンロードでインストールでき、とても敷居が低くなったイメージがあります。

 

 

全てのソフトが利用できるプランでも月額5,000円と、パッケージ時代の値段を知っている者からすると非常に使いやすくなりました。毎月の月額制が余計にお金がかかっているイメージがあって、手を出しにくいと思っている人が多いようですが、そんなことはないです。

 

パッケージ時代であれば、新しいバージョンが出るたびにアップデートディスクを購入し、古いパッケージを売ったりして整理する作業が煩雑でした。現在は常に最新版が使える環境にあるので、仕事でAdobeソフトを使っている人は非常に助かっていると思います。

 

もし使ってみて自分に合わなかったり使いこなせなかったりすれば、月額なので契約解除すればいいだけです。Adobeソフトは敷居が高くてなかなか手が出せないイメージが今だにある人は、この機会に使ってみてはいかがでしょうか。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です