映像編集者のヒトリゴト

iPad用のSDカードリーダー

LINEで送る
Pocket

Appleの人気商品「iPad」は発売してすぐの頃は、デカイiPhoneの電話できないヤツとか、大きくて邪魔だしiPhoneあったら必要ない!と散々な事を言われていた記憶があります。

 

しかしそこから形勢は逆転。専用アプリを入れてカーナビにしたり、画面が大きいので動画を見たり、本を読んだり、スタイラスで絵を書いたりなどなど。いつの間にやらiPhoneとは全く別のステージへ行き、ビジネスや趣味に使う人が増えて大活躍のiPadです。

 

そんなiPadは私も仕事で使っています。仕事で写真撮影をすることがあるのですが、その時に撮影した写真をその場で先方に見せる時にiPadを使っています。

 

iPad用SDカードリーダーが便利

 

カメラで撮影したデータをiPadに読み込むには、iPad用のSDカードリーダーを使います。「Wi-Fiでクラウド転送できるじゃん!」と思うかもしれませんが、どこの山奥で撮影があるかわかりません。Wi-Fi環境が必ずあるとは限りません。

 

Wi-Fiや4Gが遅くてクラウドでデータ転送不可のような時もあります。そんな時はSDカードリーダーを使ってデータを読み込むのが確実なんです。こいつが役に立ちます。

 

 

これはアップル純正のLightning – SDカードカメラリーダーです。

 

 

片側がライトニングでもう片側がSDカードリーダー。これがあれば直接SDカードをiPadに読み込めるので、とても便利です。ただ、アップルという会社はジョブズの頃から、ケーブルやコネクターという概念が嫌いな会社なんです。ワイヤレスが好きなんですね、何でも。

 

今はまだニーズがあるのでAppleはいろんなケーブルやコネクターを販売しておりますが、最終的にはクラウドを極める方針になりケーブルやコネクターはすべて姿を消す日が来ると思います。電源供給もデータ入出力も全て電波で処理をするとAppleは考えているはずです。

 

電源やデータだけでなく、USBもマウスもキーボードも、もしかするとモニターも、仮想現実的な何かに変わってしまうかもしれません。本体さえもどこかに消えて、コンピューター自体の実体がなくなるような気もします。

 

こういう世界が来るのは、まだまだ先だと思っていると、10年後ぐらいにそういう世界になってるかもしれませんね。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です