Skip to content →

iPad用のSDカードリーダー

Pocket

Appleの人気商品「iPad
発売してすぐの頃は、

 

デカイiPhoneの
電話できないヤツ

 

大きくて邪魔、
iPhoneでいい

 

というような
散々な事を言われていた
記憶があります。

 

しかしそこから形勢は逆転。

 

専用アプリを入れて
カーナビにしたり、
画面が大きいので
動画を見たり書籍を読んだり、
スタイラスで絵を書いたり
などなど。

 

いつの間にやらiphoneとは
全く別のステージへ行き、
今やビジネスや趣味に
大活躍のiPadです。

 

そんなiPadは
私も仕事で使っています。

 

仕事で写真撮影することが
よくあるのですが、
その時に先方に撮影した写真を
大きく見せるために
iPadを使います。

 

カメラのSDカードデータを、
iPadに読み込みます。

 

Wi-Fi環境があれば、
クラウドで転送できますが、
いつも電波の状況が良いとは
限りません。

 

Wi-Fiや4Gが遅くて、
クラウドでデータ転送できない
ような時もあります。

 

そんな時は素直にSDカードから
直接データを抜き取ります。

 

その時にこいつが役に立ちます。

 

 

これはアップル純正の
Lightning – SDカード
カメラリーダーです。

 

 

片側がライトニング、もう片側が
SDカードリーダーになってます。

 

これがあれば直接SDカードを
iPadに読み込めるので、
とても便利です。

 

ただ、アップルという会社は
スティーブジョブズの頃から、
ケーブルやコネクターという
概念が嫌いなんです。

 

まだまだニーズがあるので、
いろんなケーブルやコネクターは
販売されておりますが、
最終的に目指すゴールは
クラウドの真骨頂でしょう。

 

電源供給もデータ入出力も
全て電波で処理をしたいと
考えているはずです。

 

おそらくそのうち、
こういう物理的な代物は
全て消えるでしょう。

 

そして電源ケーブルも
ライトニングケーブルも、
USBもマウスもキーボードも、
もしかするとモニターまでも、

 

仮想現実的な何かに変わって
しまうかもしれません。

 

本体さえもどこかに消えて、
コンピューター自体の実体が
なくなるような気もします。

 

だいぶ先の事だと思っていると、
案外10年後ぐらいに
そういう世界になってるかも?

 

Published in Mac ガジェット パソコン 映像

Comments

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です