映像編集者のヒトリゴト

YouTubeがテレビCMになる時代

LINEで送る
Pocket

YouTubeがテレビの代わり?

 

YouTubeでは商品紹介を企業タイアップで制作したり、個人の感想などを動画にしてアップしています。最近はこういった新製品の紹介動画などを、YouTubeで配信するのが主流です。

 

ガッツリと作り込まれたテレビCMを流すには、多額の予算が必要です。タレントも手配してスタッフも大勢必要です。

 

ですがYouTubeが出てきてからは、個人の感想を動画にして配信する方が低予算。下手するとスマホ1台で自分1人だけで製作が可能だったりします。ユーザー自身の紹介動画は、生のユーザーの声でもあるので説得力があり、最近の宣伝の一つとして確立しつつあります。

 

ですがこういう動画はステマだと思われる事があるので、しっかりと「提供」の表示やタイアップしている旨を表記する必要があります。

 

ちなみに「ステマ」とは?ステルスマーケティングの略(英: Stealth Marketing)で消費者に宣伝だと気づかれないように宣伝行為をすることです。一種の洗脳ですね。怖いっす(((;゚Д゚))))

 

タレントが密かに企業と契約してYouTubeで宣伝したりして問題になりましたね。ただのイメージ重視でテレビCMを大々的に流すより、タレントが自宅で実際に商品を使っている映像を流した方が説得力があるからです。一般人に広告・宣伝と思わせずに、実は宣伝しているという手法ですね。昭和の時代にはあまりなかった方法かもしれません。

 

ではお手軽な映像というのは、どんなものでも良いかと言えばそうではありません。一般素人が自分たちで動画を作るとなると、撮影や準備などが結構たいへん。

 

例えば安いカメラで、ライティングもなし、普段着&髪もセットせず、自分の部屋の片隅に洗濯物が映り込んでいる。。さすがにそんな動画は宣伝には使えません。素人が作る動画とは言え企業が宣伝で使うのだから、ある程度のクォリティは必須になります。

 

背景が見苦しい
身なりが悪い
音声が聞きずらい
見てて不快
画面が暗い
喋りがヘタ
 

こういう動画は基本的にNGです。なので素人動画と言えど配信を意識し、作りこむ必要があります。私は基本的に1人で、撮影から編集までを行い動画制作しています。1人なのでCMのような大規模作品は難しいですが、1人なりのミニマムな作品を配信しております。

 

最近ではiPhoneで使えるワイヤレスマイクの動画を制作させて頂きました。下に動画ページを貼り付けてありますので、見てみて下さい(・∀・)/最近はiPhoneひとつで動画撮影する人も多いので、音質をアップしたい方にオススメですね! 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です