映像編集者のヒトリゴト

シザーハンズという映画

LINEで送る
Pocket

私の思い出の映画

 

子供の頃に見た映画で印象深いのが「シザーハンズ」です。今やスーパースターのジョニーデップ主演の映画です。彼はこの映画の成功で売れたような気がします。監督はティム・バートン[Tim Burton]

 

最初は下の写真のようなビジュアルが先行して、主人公が人造人間で両手がフレディの様だからホラー映画かと思いましたが、すごくファンタジーでした。ホラー要素はありません。*フレディを知らない方は、ググってみて下さいね。。

 

エドワード・シザーハンズ

 
なぜ、こんな手をしているのか?それは人造人間を作った博士が、作成途中の仮の手をハサミ(シザー)で代用して補っていたからです。その後、博士は死んでしまって手は未完成のまま。仮の手のハサミが残り、こんな姿になりました。

 

両手が凶器だからと言っても、バイオレンス要素は全くありません。それよりも両手がこんな状態だから、普通の生活が送れないという物悲しいストーリーになっています。せつない映画です。

 

子供の頃に見る映画はアクションやSFが多いけど、この映画は子供ながらにとても印象に残りました。今でも好きな映画の1つです。まだ見たことない方は、冬の寒い時期にコーヒーでも飲みながら見ることをオススメします。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です