映像編集者のヒトリゴト

「Vimeo」とは?

LINEで送る
Pocket

Vimeoは「ビメオ」と読みます。もう少し外人っぽく発音するのであれば「ヴィメオ」と読むといい感じかも知れません(笑)VimeoはYouTubeと同じような、個人が映像を投稿して共有する「動画共有サイト」です。

 

日本でもYouTubeは有名になりましたが、Vimeoはまだそこまで認知されていないのが現状です。ユーザーの数とサイトの規模は、圧倒的にYouTubeの方が上回っています。それならYouTubeを使えばいいという事で、結論を出してしまった方、少しお待ちください!

 

VimeoとYouTubeの決定的な大きな差、それは投稿されている「映像の品質」です。YouTubeにはハイクォリティな映像や作品も多数アップロードされていますが、それを凌ぐほどの「初心者作品」が多いことに気づくと思います。初めてスマホで自撮りした初々しい動画や、中には見ているこっちが恥ずかしくなるようなロークオリティの映像なども多くあります。そのロークオリティ加減が逆にいい場合もありますが。。

 

一方、Vimeoのサイトを見てください。そういった「初心者作品」はほとんどありません。アップロードされている映像はハイクォリティなものばかりで、YouTubeなら簡単に見つけられる「初心者作品」のような映像はほぼ見当たりません。ビジネスで映像を使っている人が、Vimeoを利用する1番の理由はこれに尽きると思います。簡単にいうとサイトの雰囲気が洗練されていてオシャレなんです。

 

対してYouTubeはゲーム実況や大食い、実験やメイク、歌ったり踊ったりで基本的にはバラエティ豊か。ビジネス的な雰囲気がほとんどありません。大衆的な感じですね。ただ、YouTubeはGoogle傘下にありますので、SEO的な意味合いではVimeoよりも上です。使用においてもYouTubeは基本無料、Vimeoは無料で使える範囲は制限されますので、これから動画共有サイトを使ってみようという方にはYouTubeの方が良いでしょう。

 

YouTubeに比べると使用率は低いかも知れませんが、世界中のクリエイターやエディターが好んで使っているサイト「Vimeo」。映像や放送系の仕事をしている方や、洗練系のクリエイターの作品投稿にはVimeoの方が合っているかもしれませんね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です