Skip to content →

YouTubeの動画再生回数


最近は何かと「Youtube」が
話題ですよね。

 

何の動画が何万回再生とか、、
テレビでも話題です。

 

そして海外でヒットすると、
爆発的な再生回数になります。

 

最近だと
ピコ太郎」がいい例です。

 

ピコ太郎の動画は
数億回も再生され、
すでにワールドワイドな
有名人になりました。

 

このように日本だけでなく、
世界中の人が見てくれると、
凄まじい再生回数になります。

 

では、
日本でしか再生されない動画と、
世界中で再生される動画は
どこに差があるのでしょうか?

 

まずは言葉が
「英語」であること
です。
これは当然ですよね。

 

わからない言葉の動画より、
わかる動画を見るのが普通です。

 

世界で最もメジャーな言葉は
英語です。

 

なので日本語よりも
英語がウケるのです。
(ピコ太郎の歌も英語です)

 

でも私たちは日本人なので、
英語を勉強していない限り、
なかなか英語を話すことは
できませんね。

 

そういう場合はとりあえず
日本語で動画を撮り、後で
英語の字幕をつけておけば、
海外の方にも意味が通じます。

 

次に、動画のネタが
世界ウケするかどうか

これも非常に重要です。

 

例えば日本のテレビ番組を
紹介する動画を作っても、
海外の人にはピンと来ません。

 

それより、
どの国の人が見ても
意味のわかる動画の方が、
再生回数は上がります。

 

例えばカッコイイ音楽が
流れる動画とか、
カワイイペットの映像とか。
万国共通のネタを
探す必要がありますね。

 

このようにYoutubeで
再生回数を伸ばすには、
最低限のコツがあります。

 

世界中の人にウケる映像を
作ることができれば、

 

日本を代表する
ユーチューバーになれるかも
知れませんね。

 

ちなみに私が昔作った動画は、
まだ100万回に行くかどうか。

 

昔作った動画はこちら

 

ピコ太郎には程遠いですが、
今後も楽しく動画作りを
して行きたいと思います。

 

Published in Youtube パソコン ムービー 撮影 映像

Comments

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です