映像編集者のヒトリゴト

Macbookのスペックについて(初心者必見)

LINEで送る
Pocket

パソコンオタクの能書きは女子受けしません

 

親愛なるスティーブ・ジョブズ様。私は現在、MacBook Proを使って仕事をしております。MacBookのおかげで仕事をすることができています。ありがとうございます。ですがその反面、周りのパソコン初心者の方にいつも聞かれる質問があります。それは、

 

Macbookって他にも種類がありますよね?通常のMacbook、Macbook Air、Macbook Pro。これってどれがいいのでしょうか?教えて下さい。

 

これをパソコン初心者の方に説明すること数十回、あなたは罪なお方です(笑)

Appleのホームページから引用

 

パソコンが好きな人は初心者の方に説明する時に「ハイ来た!」みたいな感じでスイッチが入ってしまい、CPUの効率がどうとか、ベンチマークがどうとか、とにかくPC用語を乱発して「私はパソコンに詳しいんですよ感」を押し出してくるので、暑苦しいです(笑)そういう人は異性に嫌われますよ特に男性の方でそういう人が多いので注意です。何でもほどほどがいいんです。「あ、ちょっとこの人パソコンに詳しそうだな、聞いてみようかな(キュン♡)」と思われるぐらいにとどめておいて下さい。それぐらいが一番モテます、これは体験談です(笑)ハッカークラスのオタクはモテません、そういう方はGoogleかFBI捜査局、もしくはソフマップに就職して下さい。

 

一般的な生活を送る人々にとってPCオタクの鼻息荒い本気のポテンシャルは、必要とされていないんですよね。そういうスキルをお持ちの方で、どうしても一般生活の中で披露したいんだって方は、パソコンがトラブってどうしようもなくなった女子が、泣いてあなたを頼ってきた時に発揮して助けてあげて下さい。一般人の生活の中では、抑え目で大丈夫です。

 

話を戻しますね。基本的にパソコンに詳しくないから、どれがいいかを聞いてきてるので、わかりやすくザックリと説明してあげましょう。ザックリですよ、ザックリ。相手の使う環境を聞いてこの機種がいいよとサラッとアドバイスができるそんなジェントルマンになりたいものです。(願望)

 

小難しい話は置いておいて、この3つのMacbookの機種であれば、詳細な情報は不要です。スペックで見比べる所は例えば「1.8GHz、Intel Core i5」と書いてある部分です。極論で言えば、ここの数値が高い方が性能がいいです。「1.8GHz、Intel Core i5」よりも「2.2GHz、Intel Core i7」の方が処理能力や処理速度が高いと言えます。だから値段も高いんです。

 

あともうひとつはメモリと呼ばれる数値があります。これもネットで機種を調べたり、カタログをみたりすればわかりますので調べて下さい。メモリも数値が高い方が性能が上です「メモリ4GB」よりも「メモリ16GB」の方が処理能力が高いです。そしてこのメモリも数値が高い方が、値段も高いです。予算と相談しましょう。

 

 

そしてどの機種がいいか?これも超絶おおよそですが、スペックによって見極めてみます。パソコンに詳しい方の異論反論はご遠慮下さい(笑)あくまでザックリなので。

1.2GHz/Intel Core i5/メモリ4GBのMacBookやMacBook Airであれば、テキスト入力、ネットサーフィン、ブログ、SNS投稿、メールなどを中心に使いたい方、要は一般向けです。こういう方はProは必要ないと思います。その代わり高画質の映像制作などは厳しいです。

2.8GHz/Intel Core i7/メモリ16GBのMacBookProは映像制作や高画質のゲーム、CG制作などが中心の方向けです。もちろん他の作業も難なくできます。その分値段も高額になります。Proという名前の通り、業務用に近いイメージですね。仕事で映像を使いたいって方はこちらの方がいいです。

 

MacBook Air(スペックは1.8GHz/Intel Core i5/メモリ4GB)が薄くてカッコイイので見た目で購入し、これで映像製作のソフト(例えばPremiere ProやAfter Effects)などを入れてガンガン映像編集しようとしている方がいますが、それはちょっと厳しいです。例えるなら、普通車でF1レースに出ようとしているような感じです。おとなしく最高スペックのMacBookProを買いましょう。

 

逆にAmazonで買い物、写真をみたり音楽聞いたり、あとはブログ書いたりぐらいにしか使っていないというのに、MacBookProの最高スペックを所有している女性オーナーの方がいました。聞くと「購入する時どれがいいのかよくわからなかったので、、、とりあえず一番いいやつ下さい!と店員さんに言って買いました」とのこと。それは逆に言えば、街中をフェラーリでぶっ飛ばしているような感じです。別に使えるからいいんですが、本来のパワーを全く使い切れてないので宝の持ち腐れかも。

 

スペックが低すぎず高すぎず、ちょうど真ん中ぐらいの性能であれば、MacBook Airのメモリ8GBのやつでもいけそうですね。

 

MacBookに限らずパソコンは、自分の使用環境にあったものを選んで買いましょうということです。私がMacbookProを注文しようとしていた時の動画もあげておきます。私の使用目的は「業務で映像製作」が目的だったので、迷うことなく高スペックを購入しました。参考にどうぞ!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です