映像編集者のヒトリゴト

人気の映像を作るには?

LINEで送る
Pocket

映像制作者の永遠のテーマ

 

人気の映像を作る方法、、、それがわかれば、映像制作者は苦労しませんよね。よく勘違いしている方が多いのですが、どのソフトを使ったら、いい映像作れますか?って聞かれます。究極の愚問ですね。映像制作にソフトはあんまり関係ないです。

 

動画が撮影できるカメラが1つあれば、映像制作は可能です。

 

極論を言えば、カメラで衝撃的瞬間を撮影する事ができれば、衝撃映像が作れます。カメラで面白いことを撮影することができれば、面白映像が作れます。別にノーカットでもかまいません。

 

TV視聴率の低迷時代。YouTubeではネコが遊んでるだけの映像が何億回も再生され、TVの勢いを超えてます。豪華な芸能人を集め制作費をかけて作ったTV番組は見ないけど、素人がスマホで撮ったペットのネコ動画は見る時代です

 

 

映像の人気に出演者、機材、編集はほぼ関係ないのです。いいカメラで撮っても、アイドルを出演させても、プロ集団が編集してもダメな映像はダメです。

 

例えば映画。すごい俳優や女優が大勢出ていて、CGや特撮も駆使して、広告費をかけまくって宣伝しまくりでも、全く売れないB級映画がたくさんあります。要するに映像の良し悪しはネタなんです。ネタが良ければ、大金をかけずとも人気の映像は作れます。

 

もちろん出演者や編集が映像の人気要因になる場合もありますが、結局最後はネタの良し悪しがすべてのカギになります。これはTVでも映画でもYouTubeでも同じ。内容がクソなのに、編集がすごくてもクソが強調されるだけです

 

まずはネタ作りであり、企画・構成をしっかりと練ることが大切です。そこに力を入れずに、高級カメラで撮影しても業務ソフトで編集しても何も変わりません。

 

「どのソフトを使ったら、いい映像作れますか?」の答え

 

どんなソフトでもいい映像は作れます。あとはネタ次第です。映画やドラマならストーリー、バラエティなら笑いどころ、ドキュメンタリーなら感動のトリガーなど、こういうネタ部分がしっかり練りこまれて企画されている事が映像制作の核になると思います。異論反論ある方もいるでしょうが、私はそう考えています。

 

言うのはカンタン、でも作るのは大変です。そんな必殺の映像ネタがポンポン出てくるほどのアイデアマンなら、誰も苦労はしませんよねwもちろん最終的にはネタだけでなく、カメラワークや編集スキルが重要になってくるのですが、まずはネタをしっかり作り込む事。これがマストだと思います。

 

普段活用している書籍

 

下記も参考にどうぞ。どれもいい教書ですが、私は特に「映像制作ハンドブック」と「映像撮影ワークショップ」が非常に役に立ちました。読みやすいのがよかったです(・∀・)/

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です