映像編集者のヒトリゴト

Photoshop基礎セミナー

LINEで送る
Pocket

画像処理のソフトとして、業界スタンダードと言えば「Adobe Photoshop」に軍配が上がると思います。
もちろん他にも画像処理ソフトは多く存在していますが、プロ・アマチュア問わずユーザーの多さと、世界的な知名度の点で言えばPhotoshopが頂点に君臨していると言えるかもしれません。

 

私が初めてPhotoshopに触れたのはPhotoshop 4.0だった気がします。Photoshopの商品イメージである「目のクローズアップ」のイラストがとても印象的で、CS(クリエイティブスイート)以降は使われていませんが、今でもPhotoshopと言えば目のイメージが私はあります。

 

【歴代のPhotoshopイメージ 1.0〜7.0】

 

 

 

 

 

 

 

バージョンアップする度に便利な機能が搭載され、より複雑な処理ができるようになりました。現在の最新バージョン(Photoshop CC 2018)では、もう画像処理で不可能な事はないくらいに、何でもできるソフトに進化しています。心霊写真の捏造なんて、今の時代は小学生でも可能ですw

 

そんなPhotoshopの個人セミナーを大阪の方で開催しています。単発とコースがあり、全く初めてという方や、ほとんど使った事がない方には単発の「超初心者セミナー」がオススメです!

 

**下記リンク「超初心者Photoshop CCセミナー」
https://www.street-academy.com/myclass/22085?conversion_name=direct_message&tracking_code=f11d625c1ce57292f4be3dc087967f76

 

また「超初心者ではないけれど、Photoshopの基礎を完全にマスターしたい!」という方には、3回コースのセミナーもご用意しています。

 

**下記リンク「Photoshop CC基礎マスターコース」
https://www.street-academy.com/myclass/30694?conversion_name=direct_message&tracking_code=2ca89aef3e8c70ccae68f0fadf773609

 

ちなみに「基礎マスターコース」は、アドビ認定アソシエイトを受験する際に必要になる知識を学習する事ができます。(合格を約束する訳ではありません)少し使える人は多くいると思いますが、基礎レベルを完全にマスターしている人は意外と少ないので、この機会にご利用くださいませ。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です