映像編集者のヒトリゴト

ハードディスクのおすすめ「Lacie」

LINEで送る
Pocket

パソコンを使っている人は外付けHDD(ハードディスク)使っていると思います。私がHDDを使い始めた15年ぐらい前は確か10G(ギガ)で1万円ほど。それが今は、1T(テラ)で1万円以下の時代。

 

ちなみにこのギガとかテラSI接頭辞と呼ばれます。

K(キロ)=1,000
M(メガ)=1,000,000
G(ギガ)=1,000,000,000
T(テラ)=1,000,000,000,000

こういう感じで0が3個ずつ増えて行きます。ちなみにT(テラ)の次は、P(ペタ)という単位で日本語で言えば千兆です。こういう風にHDDの容量はどんどん増えて行きます。ですが、ハードディスクに大切なのは容量よりも丈夫さです。

 

私は今まで2回ほど使っていたHDDがクラッシュしました。突然ある日、データが真っ白になります。すべてのデータが消えてなくなります。

 

1回は会社のオフィスのHDDがクラッシュ。全部データが消えました。幸い、復旧ソフトを使って、6割ほどは復活しましたが、4割は完全に消えました。もう1回は自宅で。写真の保存用のディスクが、ある日突然クラッシュ。これは自力で復旧ができず、業者に5万払って復旧してもらいました。

 

幸い、クラッシュが軽かった為全てのデータが戻りました。業者によると、あまりにひどいクラッシュは復旧できない事もあるので、バックアップは必ず取って下さいと言われました。

 

バックアップの重要性はわかっていたのですが、面倒でしてなかったのです。これで反省して、バックアップを取るようになりました。そしてついでに、クラッシュに強いHDDを探していると、

 

img_6938

 

LACIE(ラシー)Quadra(クアドラ)を見つけました。ガンダムの「ドム」の様な佇まいです。特徴の「1つ目」は青く怪しく光ります。

 

そんなLACIE(ラシー)放熱性と堅牢性を両立した人気のHDDです。バックアップ用も入れて3台購入しました。3TB×3台で、合計9TB!ちなみにHDDをこのLACIEにしてから、クラッシュしません。これでしばらくは、
いけそうです!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です