映像編集者のヒトリゴト

フリーザのデザインが秀逸です!

LINEで送る
Pocket

国民的アニメの「ドラゴンボール」私も小学生時代から今の今まで、現役でずーっと見ております。それに出てくる強敵で、「フリーザ」ってのがいます。今日はその話。

 

話というのはフリーザの必殺技がデスボールだという名前だとか、お父さんがコルド大王という脇役だということや、第1形態の戦闘力が53万だということ、、、ではなく、デザインについてです。ちなみに、これがフリーザです。

 

 

ドラゴンボールの作者は「鳥山明」大先生。鳥山先生は、本当にシンプルな作画で、複雑なものを表現するのが天才的です。アニメに出てくる悪者って、もっと派手でゴテゴテしてるってのが王道なんですが、このフリーザはツルツル。ひょっとしてザコキャラ?と思ってる人もいるかも。強そうに見えない人もいるかも知れませんね。

 

ですが登場当時は、「宇宙最強の敵」だったのです。後に、主人公の孫悟空に負けてしまいますが。。フリーザは何度も変身して、最後にこのツルっとした姿に変身するのですが、変身途中の姿の方が強そう。

 

変身途中のフリーザ

 

ですが、ここに鳥山デザインの極意があります。本当に強さを極めたものは、余計なものを削ぎ落とし「シンプル」になる、というものです。機能的なものや美しいものは、みんなシンプルです。

 

機能満載の道具より、1つに特化した道具の方が重宝されます。絢爛豪華な装飾をほどこしたものより、何もないを極めたものが愛されます。デザインの極意は「シンプル」なのです。子供の頃に私は、無意識にフリーザのデザインから、「シンプルな美しさ」を学んでいた気がします。

 

最近ではiPhoneなどのApple製品が、シンプルを極めたデザインで世界中から支持されています。それでいて性能は群を抜いています。デザインばかり先行している訳ではなく、中身もしっかり伴っている。自分自身の商品やサービスもこうありたいと思います。

 

 

▲ 【送料無料】ドラゴンボール改 HQDX組立式ハイクオリティDXフィギュアvol.6 フリーザ(最終形態) 単品 未開封 国内正規品 DRAGON BALL フィギュア【代引き不可】

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です