映像編集者のヒトリゴト

マイクの定番と言えばSHUREのSM58

LINEで送る
Pocket

マイクの世界的標準

 

[ダイナミックマイク]

頑丈で電源不要。
比較的値段が安い。
繊細な収音が苦手。

[コンデンサマイク]

精密で電源が必要。
比較的値段が高い。
繊細な収音が得意。

 

マイクは特殊な種類(リボン、クリスタルなど)を除くと大きく2種類に分けられ、それぞれメリットとデメリットがあり、状況により使い分けます。そんなマイクですが、ダイナミックマイクの世界標準はSHURE社の「SM58」と言われています。ほとんどの世界各国でライブやレコーディングに大活躍の有線マイクのグローバルスタンダードです。

 

そのSM58の上位タイプの「BETA58A」というマイクを私は使っているのですが、これが非常にオススメです!グリルボール(頭の部分)に水色のラインが入っており、これでノーマルのSM58と見分けられます。ちょっとだけオシャレな感じしますよね(・∀・)

 

SHURE     BETA58

 

おおよそSM58よりも

◇音が大きい
◇高域に強い
◇ノイズに強い
◇ハウリングに強い

 

と様々な点が強化されています。現在、SM58を使っている方はBETA58Aと比べてみて下さい。マイク欲しいけれど、どれ買えばいいかわからない!と迷っている方も、1000円ぐらいの安いマイクは買わずに最初からSHUREのBETA58行っちゃって下さい。(ケーブルはだいたい別売ですので、XLR端子のマイクケーブルを購入して使って下さいね)

 

SHURE BETA58A

価格:18,144円
(2018/10/16 13:39時点)

ちょっと高いなーって人は、普通の58もオススメ。

 

SHURE SM58-LCE

価格:11,632円
(2018/10/16 13:41時点)

身内のイベントで1回しか使わないとか、お遊びで使うのなら2,000円ぐらいの中華製カラオケマイクでも構わないですが、「長く使っていきたい」「仕事で使う」「とにかくブランド品をw」というのであれば、SHURE SM58は買って損はないと思います。

 

ただし、「もっと繊細に音を集音したい」とか「ワイヤレスでないと困る」とか「指向性がどーのこーの」など要望があるのであれば、他のマイクの選択肢もたくさんあります。SHURE SM58は世界標準のマイクだということですが、どんな状況でもこの1本あればOK!万能最強マイク」ではありませんので、録音や集音環境に応じて様々なマイクを使い分けて行くことがベストだと思います。

 

その他のマイク候補は、またの機会にご紹介します(・∀・)!! 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です