映像編集者のヒトリゴト

デスクワークのための電波時計

LINEで送る
Pocket

私は自宅のデスクで仕事をすることがほとんどなので、基本的にはパソコンモニターの画面をずっと見ているのですが、仕事中にモニター画面と同じぐらいよく見ているものがあります。

 

それは「時計」です。サラリーマン時代は現場を走り回っていたので腕時計が基本でしたが、今はデスクワークで机の前から動かないので、置時計にしました。腕時計はしなくなりました。

 

机の上に時計を置くにあたり、最も気になるのは大きさです。デザインや価格も気になる所ですが、私はあまりにゴツい置時計がイヤで、なるべくコンパクトなものがないかを探しました。置時計はやはりデカイ。その時は小さくていいデザインのものに出会えず、、Amazonや楽天でかなり探したのですが、自分が気に入るものはありませんでした。

 

仕方なく家にあったアナログタイプの時計を使っていたのですが、大きくて邪魔でした。ちなみにその時に使っていたのは、セイコーのウルトラライデン PYXISという目覚まし時計でした。サラリーマン時代は毎朝この時計に起こしてもらってました。目覚ましのベル音は半端なくうるさいので、目覚まし時計の音では起きられない!と言う方、ぜひ試してみてはいかがでしょうか。

目覚まし時計としては優秀でデザインも悪くはないですが、机の上の置時計にするにはデカすぎるということで、やはり良さげな時計がないかを探すためにネットサーフィンを続けました。

 

そして、やっと見つけました。SEIKO「DL209」という電波時計。大きさは高さ6,4cm×幅15,4cm×奥行3,9cmというコンパクトサイズ、しかも電波時計です。価格も2,000円ちょっというリーズナブル価格!

 

 

見てください!このシンプル具合。時間、日付、曜日、温度という必要最小限な情報のみをLEDで表示させ、とても見やすくデザインされています。私は使いませんが、目覚まし機能もついておりスヌーズボタンも上についています。

 

 

背面はこんな感じ。目覚ましのON/OFFスイッチと、各種時計合わせのボタン、電波受信のボタンというこれまたシンプル。サイドにLEDの表示明るさを調節するスイッチがあります。暗い部屋で使う場合には、表示面が明るすぎることがあるので、少し暗く調整することができます。

 

 

下の画像は通常のLEDと暗くしたLEDを比べたものです。ベッドルームなどで使う場合にも、この暗くするスイッチ機能は重宝すると思います。

 

 

カラーはこのホワイト以外にもブラックレッドがあり、置き場所の雰囲気に合わせて選べるようになっています。コンパクトでシンプルな電波時計を探しているなら、このセイコーが断然オススメですね!

 

 

セイコー 電波交流式目覚まし時計 DL209W

 

セイコー 電波目覚まし時計 DL209K

 

セイコー 電波交流式目覚まし時計 DL209R

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です